創業150周年に向けて 「弊社の足跡をたどる」その5




第5回 増上寺 大殿


所在地: 東京都港区芝公園4-7-35


★新築 
竣 工  昭和49年(1974年)11月

設 計  大岡実建築研究所、日新設計

施 工  清水・大林共同企業体


★リニューアル 
工 期  平成19年(2007年)12月~平成21年(2009年)5月

設 計  社寺建築研究所

施 工  清水建設株式会社


大殿


云わずと知れた浄土宗の大本山であり、徳川家の菩提寺でもある都内で超有名なお寺です。 
弊社は大殿の新築工事及びリニューアル工事に携わらせて頂きました。


新築工事の記録はさすがに残っていませんが、設計者の大殿建設時の記録がネットで公表 
されており、とても興味深い逸話がいくつもございます。


社寺建築☆美の技法 大岡實設計手法 
http://ohoka-inst.com/zoujyouji.html


リニューアル工事は記憶に新しく、工事の記録は仕様書等で振り返ること出来ます。 
旧塗膜を全面剥離する工法も一部取り入れているのですが、

工程数として実に20工程  (下地調整工程は除く)。

こうした一つ一つの積み重ねが何十年も建物を維持していく要なのです。


塗装仕様(PDF)

塗装仕様(増上寺)_01


今回、久しぶりに境内を見て歩きましたが、リニューアル工事後10年近く経過しますが、 
塗膜は良好な状況といえます。


現状


現状確認


最近では心無い輩が油のような液体を重要文化財である三解脱門に撒き散らかしたと 
いうこともニュースになりました。 
現在は松井建設さんが耐震改修工事中です(当社は呼ばれてません、グスン)


三解脱門


油シミ許せん


しかし外国人観光客の数はすごいですね。我が国の伝統建築の美をじっくり見て頂いて、

良い思い出にしてくれたらいいですね。




コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る