現場見学 パート2


こんにちは、事務員です。



先日、江戸川区東葛西にある長島香取神社の現場を見て来ました。



葛西駅から徒歩15分ほどの閑静な住宅街の中にあります。

入ってみると境内が広く、神輿庫もあり、例祭には神輿や出店などが出て賑わうのでしょうね。

P6240197 P6240202

左写真の正面に見えるのが、工事中の長島香取神社です。

写真からは見えませんが、拝殿の東側にある八雲神社はむかし西部地区に祀られていて、昭和26年にこちらに移されたそうです。






葛西蓮根ゆかりの地


P6240199

かつてこの地帯は、お盆の頃となると見渡す限りの蓮の葉に

覆われるほど、蓮根栽培が盛んで、「葛西蓮根」は、江戸中期

からわずかに作られていたようですが、明治中頃に田中徳右

衛門が優良系統の試作に成功して以来、稲作より蓮根のほうが

各段に儲かるとあって、栽培が急速に広まり、昭和40年代まで

営々と続いてきました。


当地は江戸川や荒川が運んできた肥えた土と、深い田が多く、

しかも、大都市に近いため、肥料として東京市中からでる下肥

が入手しやすかったため、このように肥料を大量に必要とする

蓮根栽培にぴったりでした。まさに都市と農村を結ぶ見事な

リサイクルであったわけです。


柔らかくて歯切れのよい葛西蓮根独特の風味は、見通しがきく

縁起物ということもあって、市民に長く愛好された。

と書いてありました。



そうだったんですね~なるほど~






さて、拝殿の中に入ると、ヒバのいい~香り。

ヒバは、百年程度伐採して山に放置しても、心材は何ともなく、そのうえ樹の良い香りを漂わせる程らしいです。

P6240216

奥に見える本殿は、もともと外にあったそうでが、今回の改築で内部に祀られます。

本殿の彫刻は、遠くから見ても立派でした。





次に、足場を登り、屋根を見せてもらいました。

銅板の見事な曲線と、手彫りの彫刻も手が込んでいました。これが今後何十年、何百年と残るんでしょうね。

P6240228 P6240229


P6240223 P6240235




これは木材に出来た染みを消している作業です。

P6240219 P6240221







側面に白く色を付けてます。

P6240226 P6240217




こんな上からの景色なんて見れる事もないので、貴重な体験をさせて頂きました。完成後、また訪れてみたいです。

P6240239 P6240236 



現場の方々、作業中大変お邪魔致しました。




コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る