創業明治2年の大澤塗装は「信義」を重んじ「技術」を心掛けて、幾多の建築物の施工に携わって参りました。この度、住宅塗替え工事、本格進出!必ずや、皆様のご要望にお応え致します!ハッピーカラーを一緒に探そう。お住まいの塗替え、内外装リフォームは大澤塗装へお任せ下さい!

新職種にチャレンジ

2017年5月25日 木曜日


こんにちは、若旦那です。
 
風薫る五月、30℃を超すような暑い日でも湿気がないから気持ちよく感じます。
でももうすぐ梅雨入りですかね~デブには堪える季節がやってきます。
 
つい最近の改修現場で、新しい職種にチャレンジしました!
マンションの外部改修工事に合わせ、貯水槽の解体もお願いされました。今までは
専門の業者さんを呼んでましたが、「予算も限られてるし、ここはいっちょ自分で
やってみるか!」と一念発起し、解体工事にチャレンジです。
 
施工前 貯水槽
 
まずはフェンスを外します。ネジとって、網外して、支柱引き抜いて、ふむふむ…
 
フェンス解体
 
続いて、FRP製の貯水槽を元請から借りたセイバーソーという奴で、切断します。
おっ、みるみる切れる。捨てやすいように結構細切れになるまで切りました。
おかげで元請さんの替え刃を全部使っちゃいましたが。
 
貯水槽切断(セイバーソー)
 
ここまでは実に順調でした。相棒と、「これなら解体の仕事もバンバン請けれるな」なんて
大口をたたいていました。
本当の解体工事の大変さはここからでした…
 
貯水槽の架台の下にコンクリートで基礎を作ってあるのですが、当初はこれはやらない
ものであったはず(こちらではそう思っていたが)、どうやらそれも壊してくれということで、
「機械貸すからさ~」と逃げれなくなりました。
 
「よし、ハツリます!」
 
ハツリます
 
20170508_153124
 
ホコリがひどいので水流しながらやったのですが、泥がビシャビシャ飛んですぐゴーグルが
見えなくなる、ハツリ機が重くて腰が痛い、振動で体がおかしくなる…
何よりも、ハツリのコツを熟知していないので、削っても削っても全然進まない、これで
心が折れました。その最中、相棒は2日でおさらばし、いよいよ追い込まれました…
見かねた元請がもっと大きい機械をダンドッテくれて、4日掛けてようやく解体終了。
 
ハツリ新兵器
 
まさに疲労困憊で、「解体バンバン請けよう」なんて大口叩いていたことを猛省。
ただし、準備不足でありすぎました。もっと真剣に準備して、心構えをして、体力増強を
はかれば出来ないことはない。でも、やっぱりプロにお願いしたほうがいいですね~
ちなみに、解体工事業は平成28年6月に正式に工事業として登録されました。
「高度成長期以降に集中整備したインフラが一斉に老朽化し、その維持更新が重要な時代に
突入しています。重大な公衆災害発生・環境等の支店や建築物等の老朽化等に対応した適正な
解体工事体制を確保するため、平成28年6月に建設業許可の業種区分を約40年ぶりに見直し、
解体工事業が新設されました」(建設業許可申請・更新の手引より)
 
いずれ必要になるかも知れませんね。
 
ではまた。



▲ページの先頭へ戻る